交際中

交際中、毎日会える:::つねに相手の間近にいないと気がすまないのが型。毎日顔を合わせているのに夜は夜で電話、ということも。仕事の場でも公私のけじめがつけられず、ヒンシユクを買いがち。「毎日見張っていれば、よもや彼に虫はつかない」と思うのは、独占欲の強い型。「とにかく彼がいてくれて心強い」のは型。-共通の話題がある・・語り合いたいB型、友情を維持したい組型、彼の苦労を理解し、いたわり合いたい型、人生の「同志」として歩みたい型。A、-生活の安定:::自分も勤めている(いた)会社だから、彼の給与将来性などがわかる。O型に多そ、7。主婦としての安住を望む組型も。-夫のためになる(?):::「家のことは私にまかせて、パリパリ働いて1」は型。同じセリフでも型が言う場合は激励より分担意識。夫の靴をピカピカにし、しわひとつないハンカチを持たせて送り出すことで「彼を助ける」と実感できる型。〈社内結婚のデメリット〉-交際中の苦心:::結婚が決まるまでは人に知られではならないと思うと負担を感じる型。社男にだ内の人とは公平につき合いたいので困る組型。-よくあるパターン・::・「いかにもありふれていてつまらない、意欲がわかない」は婚ってそんなものじゃないはず」と夢のなさを嘆く組型-わかりすぎる・::「彼は所詮この程度。もっと上を望めるはず」、これはる私では、彼の気が休まらなくて気の車母」というのはベートの場。社内結婚ではキチンと割り切れなくてイヤ」が組型。-なんとなく:・型。会社の人との結婚では、そうそう気ままな生き方もできまい、実際にの話を聞いてみると、まだまだいろんな理由が出てくる。「結婚すれば、どうせ夫は粗大ゴミ。そんなとき、しい姿を知ってるのよ』と、自分を慰める」(「社内結婚すれば、仲人は部長か重役。気が重いけど、彼の将来に少しは役立つかもしれないと思ってガマンする」(型)ら、と思うとたまらなく焦る」(型。「結。型。「知りすぎてい型。「仕事の場は会社、家庭はプライと用心『でも私は、この人の仕事している時の頼もO型)「たくさんの女子社員の中から彼が私を選んだという勝利感。でも、私の後輩と彼が浮気したO型)・:よくもそこまで考えるものだ。って言い分はある。「同期のさん、今度、係長ですって?」なんて言われてたまるか。・散守:は小量!112(立を四伶五入、単位%「ボーナス、二十一日に出るんでしょ」なんでわかっ与や、楽しみもないじゃないか。
参考:出会いアプリ