二人の恋愛

手編みのセーターは古典的、かっ、永遠のアイテムだった。ちょっと、気になったのは、女性側の反応のほうだ。「私、編み物ができないんです。だから、贈りたくても贈れません」(型)「彼に、欲しいといわれたら『手編み入門』を買って勉強します」(型)という人々の多かったこと。「好きな人のためなら、編んであげる」という気持ちはあっても、最近はH編み物の得意な若い女性はめっきり少ψないようなのだ。従って、手編みのセーターを彼女からいただける確率は低い。もらった方がいれば、素直に喜ぶべきだろう。いまや、を使った方法は希少価値のプレゼントである。そして、なにかお返し。を考えて、二人の恋愛をよりよい方向へもっていくチャンスとしてほしいOA。浮気はご法度の型、得意技の型一時、「不倫」がマスコミなどで、まるでブームのように扱われたことがあった。人気テレビドラマが不倫をテーマにしていた影響と思うが、不倫も浮気も男女の愛を語るときには必ず登場す。る古くて新しいテ!?には違いない、そこで大学生諸君に聞いた「彼女があなたの親友とまちがいと、女性たちに聞いたたら?」ることにしようl日)男女差を比べてみると、寛容だ。いやか寛容。というより「男は浮気のかを起こしたら?」という質問「あなたの彼が浮気をしという質問についての集計結果を見てみ。(表|日)(表圧倒的に女性のほうが、、ひとつやふたつくらいするもんだ」という社会通念の根強きがうべきだろう、この数字に反映されているとい。そもそも、。浮気。ということば$置字は小II:n21立含四捨五入.単位%,rその他Ju省いた・傘世宝2・fl,J‘監’匹2位を田橋五入.単位向は、あまり女性には使われない。アンケートでの質問の仕方も、「まちがい」という表現をわざわざ取ったのは、女性に。浮気。という言葉が馴染まないためだ。血液型別では、0型が「絶対許せない」が男女とも最も多い。「彼がそんなことをするなんて信じないわ」は逆に一番低い。「浮気をすることもあるだろう、だが、やったら最後よ」といっていることになる。独占欲の強い型にとって、「愛とは相手のすべてを独り占めにすることなり」なのだ。それが理想だが、女性は「仕方がない」とする人も四十三%いる。これは、例の社会通念を現実として捉えた型の妥協である。ただし、妥協するについては条件がある。「浮気ならしかたがない。けれど、心だけは私が独占している」という意識が持でなければダメだ。