浮気のライン

セックスについでに、ないが、、まず担がうまさにかけてはトップだろう。家庭維持の責任感の強い心を通わせたがる。H浮気。のはずが、いつのまにか深情けを感じるようになってH本気。へと転ずる確率も高い。そういう自分を基準に考、えれば、「たかが浮気」ともいってはいられないだ浮気の、7まいヘタについて述べておこう。浮気がうまいからといって自慢にはなら型は、家庭崩壊を招くようなマネは慎む。従って、道はふたつ、まったく浮気せずにガマンするか、型の徽密さを最大限に発揮して巧妙に隠し通すかだ。その点、型は隠すのがヘタだし、型はやるときは堂々と、あるいはアッケラカンと浮気したりする。では、相手に浮気をされた型はどう考、えるか。表に戻って見てみよう。男性は「絶対許せん」と七十・七%がイキまいているのに、女性は四十一・五%が「仕方がない」と目をつむっているではないか。これはどうしたわけだろう。やはり、型の男性にいわせれば「女は貞淑であるべきだ」なのだろう。社会通念をタテに筋を通すことを要求していると思われる。女性は「男なんて独占しようったって、最初っから無理なのよ」とあきらめているふしがある。あるいは、浮気を見つけて騒ぎたてる自分の姿を想像するだけで恥辱を感じるのかもしれない。騒きたてす、何事もなかったように振る舞って、彼の浮気の虫が納まるのを待とうと言っているかのようだ。型の女性たちが「彼が浮気するなんて、私、信じない」といっているのは、浮気に目をつむ。何?」、るだけでなく「信じない」と自分に言い聞かせているのだろう。鋭敏な感覚を持っている組型が、相手の浮気に気づかないはずはない。しかし、店型はそこでいったん自分を客観視して考、える。「せっかく二人で築きあげた安定した生活を、こんなことで壊していいのか」しかし、「裏切られた」という事実を認めれば、とてもじゃないが耐えきれるものではない。「信じない」ことで、現実逃避の手段に訴えるしかないではないか。型は、浮気が発覚するや、泣き叫んだり、当たりちらしたり、大騒ぎして相手を糾弾しないと気が済まない。感情が暴発しているときの型は、あとのことなど考えはしない。そこで相手が、なだめたりすかしたりして「二度とやりません」と約束すれば「しかたがないわね」と折れて出るだろう。だが、相手が自分の非を認めず、謝れない型だったりしたら、そこで破局が訪れかねない浮気を許せと声高にいうつもりはないが、浮気、即、お別れ・離婚というのも考えものだ。